どのように求心力と遠心力を高めていくのか

glasgow-pendulum-1465243

インフォーマル組織とは

求心力を高める施策として、「企業理念」と「愛社精神」を構築することが重要である。と前回まで述べてきました。その他にも、キャリアを形成する上で大切な求心力が存在します。

そのうちの1つが、フォーマルな組織だけでなくインフォーマルなネットワークを構築することです。インフォーマル組織とは、ヒエラルキーを考慮しない従業員同士のつながりのことを示しています。

では、なぜインフォーマル組織を構築することが求心力を高めるのでしょうか。
ここで、インフォーマル組織が従業員の求心力を高めることを示す例を1つ挙げていきます。

東京と札幌に拠点を構えるA という会社がありました。その会社では年間50%の社員が辞めていました。そこで2つの支店を分析した結果、東京での退職率が低いのに対して札幌での数値が高いということが判明しました。その違いを考察した時、東京支店では「よく飲みに行く」などのインフォーマルネットワークが存在していました。その一方で「業務終了後すぐに帰宅する」など人間関係が希薄であったのが札幌支店でした。

ただ、この結果には2つの支店の根本的な構造の違いが存在していました。それは、東京支店は固定シフトで、出社すると顔見知りの人と共に勤務するのに対して、札幌支店は変則シフト勤務で、毎回知らない人と仕事をする形態となっていたことです。

したがって、求心力を高めるために「根本的な構造を見直して従業員のネットワークをいかに構築するか」を考えることが重要です。

どのようにインフォーマル組織を構築するべきか

では、インフォーマル組織を構築するためには何をする必要があるのでしょうか。
多くの会社が取り組んでいるものとしては
・キックオフ…クオーター毎に集会を開き、そこでビジョンの共有を行う。
・アトラス…社員の写真や趣味を載せた名簿を社内で共有する。
・社内レクリエーション…運動会やアウトドアイベントを行う。
というものが挙げられます。

これらは、仕事に結びつくものもあれば仕事以外のメンタルケアやキャリアサポートにも効果が期待できます。自然に取り組んでいる企業が多いのですが、意図的に取り組むことでより一層の効果が得られます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題の記事

  1. business-graphics-1236336

    何を評価対象にするか

    収集すべき情報とは 分不相応な採用をするためには、フォローが重要であり、さらにその…
  2. directions-1055915

    キャリアの基本とトランジション(転機)

    古典的キャリア理論 古典的なキャリア理論の考え方。それは、「早く自分の志向を認識し…
ページ上部へ戻る