キャリアの基本とトランジション(転機)

directions-1055915

古典的キャリア理論

古典的なキャリア理論の考え方。それは、「早く自分の志向を認識して、早くその方向に走り始める」ということが基本となっています。このことは職人やスポーツ選手、芸術家など、一人前になるのに10年、20年かかるような業界では現代でも成立します。例として挙げたのが上の図、エリクソンのライフサイクル理論です。ライフサイクル理論では、図のような順番で発達課題をこなしながら成長していくものだという、一定の志向性があるという考え方となっています。

多くの採用面接や社員面接を行ってきて感じることは、ライフサイクル理論の13-21歳に獲得される自己同一性、アイデンティティ-と言い換えることができると思いますが、これをしっかりと持っている日本人が少ないということです。そしてエリクソンが自己同一性の対立概念としている役割意識。日本という国は役割意識をより重視する文化のように思えます。その場に合わせて自らのポジションを考える役割意識。どんな場でも変わらない自分らしさ、というのは日本においては「KY」と言われることが多いものです。ですので、アイデンティティーが絶対的に必要かと言うと、そうではないでしょう。

キャリアにおけるwill/can/must

「好きなことが見つからない」という学生は多いものです。そういった時、「好きなことが見つからないというのは、そもそも”ない”んだと思う」という話をします。だからといってこの学生の意識が低い、ということではありません。確固たるアイデンティティーを発揮するよりも、その場の中で何をすれば役に立つのか、といったところを喜びとして生きていく人なのだと解釈しています。キャリアを考える上で、will=やりたいこと、can=できること、must=やるべきこと。この3つが大きく重なっている選択肢を選んでいくことが、その人にとって”良いキャリア”となるでしょう。

しかしキャリア教育に携わっている方の多くは、「やりたいことをやるべきことにていして、それをできるようにしましょう」と言ってしまいます。簡単に言えば、好きを仕事にするということです。しかし、キャリアを考えるにあたって、この順番は疑問が残ります。前述のように、多くの人は明確なwillを持っていない、もしくは見つけていません。それなのに、大学のキャリアセンターさんなどを始め、will、will、willと言ってしまう。その場で取ってつけたようなwill、一週間程度で出てきたwill。それらを元にキャリアを考えても、打倒な選択をする可能性は低いのではないでしょうか。

私の考えは、基本的にこれと逆。つまり、できることを仕事にしていく、という順番を各所で述べています。できることを仕事にしていくと、できるから成果が出ます。成果が出れば褒められ、認められます。そうすれば、そのことがやりたいことへとなっていくのです。can、must、willです。できることを仕事にする、成果が出て評価される、評価されるのでやる気が出る。この流れが合理的であると考えられます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題の記事

  1. business-graphics-1236336

    何を評価対象にするか

    収集すべき情報とは 分不相応な採用をするためには、フォローが重要であり、さらにその…
  2. directions-1055915

    キャリアの基本とトランジション(転機)

    古典的キャリア理論 古典的なキャリア理論の考え方。それは、「早く自分の志向を認識し…
ページ上部へ戻る