人事に必要な5つの姿勢とは

business-gesture-1511534

人事に必要な5つの姿勢

人事担当者には、性格や人間性の面で必要な5つの大事な姿勢が存在します。
それは
① 人に対する情熱(コミットメント)
② 人に対する冷静さ(デタッチメント)
③ 強さ(凝縮性)
④ 優しさ(受容性)
⑤ 自己認知
以上の5つの姿勢です。

①と②、③と④は性質的に対になる存在です。この対になっている情熱と冷静さ、強さと優しさという共存しがたい2つの性質を、バランス良く両立することが人事にとって重要です。

1人の人事がこの5つの性質を全て保持することが理想的です。しかし、それが難しければ、組織の中で「冷静派の人と情熱派の人」「強さと優しさ」のバランスを取る必要があります。例えば、人に対して情熱的な人は採用フローの中でフォローに適しています。つまり、「うちに来い」と口説くことに優れています。しかし、ジャッジすることには向いていません。なぜなら情報をコミットしてしまい、冷静な判断をすることができないからです。一方で、人に対する冷静さを持ち合わせる人は、客観的に離れた立場からジャッジを下すことができます。しかし、口説くことには向いていません。

このように、1人の中に5つの姿勢を共存させることが難しければ、組織の中で役割分担することで適切な対応が可能になります。

コミットメントとデタッチメント

人事とは育成担当者でもあるので、人を伸ばそうとする「期待をかける行為」ができなければいけません。ピグマリオン効果というものがあります。これは、人は期待をかけられた通りの結果になることを示しています。アメリカの実験である数学のテストをしました。この時の席順はランダムでした。しかし左側の席の生徒が高得点で、右側の席の生徒が低得点である。と嘘の報告を先生にしました。すると半年後のテスト結果が、本当に左側の生徒が高得点者となり、右側の生徒が低得点者となってしまいました。左側の生徒に対する「君は数学が得意な人だね」という先生の振る舞いが、相手に期待をかけて点数を伸ばす結果につながりました。これがピグマリオン効果です。

人に期待をかける一方で、人に対する冷静さを持つ必要もあります。なぜなら、相手に対して感情移入しすぎてしまうと、本質を見抜くことができないからです。したがって、全ては「仮説」であって棄却される可能性を常に考えておくことが重要です。例えば、目の前で涙を流しながら訴えられると、その言葉が真実であると誤った判断をする可能性があります。言葉は嘘をつくことが多いですが、行動は嘘をつきません。そのため言葉に対しては仮説として聞き入れ、その言葉に対する行動が伴っていたかどうかで真偽を判断する必要があります。

これがコミットメントとデタッチメントです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題の記事

  1. business-graphics-1236336

    何を評価対象にするか

    収集すべき情報とは 分不相応な採用をするためには、フォローが重要であり、さらにその…
  2. directions-1055915

    キャリアの基本とトランジション(転機)

    古典的キャリア理論 古典的なキャリア理論の考え方。それは、「早く自分の志向を認識し…
ページ上部へ戻る