仕事を通じた教育を有効的に行うには

Study or office stationary

2つの人材育成方法

人事担当者が人材の適材適所を考える上で、
・パーソナルティ最適
・アビリティ最適
・キャリア最適
という3つの方法が存在します。

前回まではパーソナリティ最適に関して言及してきました。
今回はアビリティ最適について述べていきたいと思います。

アビリティ最適について、マッコール理論では「人は仕事によって磨かれる」と提唱しています。したがって、人材育成をしていく上で仕事をどのようにアサインしていくかが重要です。
育成方法にはOff-JT(オフザジョブトレーニング)とOJT(オンザジョブトレーニング)と呼ばれているものがあります。

Off-JTとは研修、座学などの仕事から離れて特別な環境においてトレーニングを受けることを意味します。
OJTとは実際の仕事を通じたトレーニングです。ここでは会社の中でどのようなキャリアコースをつくり、どのような順番で誰にどのような仕事をアサインしていくかが着目点です。この時に重要なポイントは、仕事を教育機会・資産と捉えることです。

仕事による育成をする2つの基本的な考え方

モーガン・マッコール教授(南カルフォルニア大学)は、会社の能力を全体として向上させていくために、最も重要な教育機会は仕事自体にあるという考え方が根底にあります。そこで、上記の表の左側には一般的な「無意識に前提としがちな考え方」、右側には組織としての能力を最大化させるための「仕事(配置)による育成の考え方」が記述されています。

基本的な考え方として、適者生存的手法と適者開発的手法の2つが存在します。
前者はリーダーを研修しようと考えた時に、誰がリーダーに適しているか実際の経験やアセスメント等によってテストし振り分けることを意味しています。それに対して後者は、将来の求める人物像に必要なものを学ぶ支援をすることが中心です。これは採用戦略の際に述べた「求める人物」の考え方と連動しています。採用時に必要なものと、持っていなくとも育成可能な能力を区別して、入社後に育成目標としてOJT 、Off-JTをかけることが重要です。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題の記事

  1. business-graphics-1236336

    何を評価対象にするか

    収集すべき情報とは 分不相応な採用をするためには、フォローが重要であり、さらにその…
  2. directions-1055915

    キャリアの基本とトランジション(転機)

    古典的キャリア理論 古典的なキャリア理論の考え方。それは、「早く自分の志向を認識し…
ページ上部へ戻る