分不相応な採用を実現する口説き

fotolia_69963487

どんな企業でも実践できる分不相応な採用

分不相応な採用というのは、コチラでも触れたように、自分たち以上の人を採る、採用ブランド以上の人を取るということです。そして分不相応な採用を行うにはどうすればいいか、ということを述べていきます。

分不相応な採用を実現するフォロー=口説き、では順番が重要です。フォローには大別して以下の3つのファクターがあります。
 1. 自己開示(まず心をひらいてもらう)
 2. 情報収集(率直に感じている主観を話してもらう)
 3. 説得勧誘(適切な情報を、入りやすい方法でインプットする)
意識しているしてないに関わらず、3の説得勧誘から始める人、いきなり口説く人がとても多いです。例えば男女の関係において、いきなり口説く人はいないでしょう。それは分かっているにも関わらず、採用となると「うちに来ない?うちにはこんないい所があるよ」と、口説きモードに入ってしまうのがよくあるパターンです。

フォローには順番が大事

分不相応な採用を実現するフォローは、前述の順番で行うと効果が期待できます。一番はまず、自分自身のことを開示することです。そうすることによって心を開いてもらい、人間関係を作った上で、二番目の情報収集を行います。率直に感じている主観を話してもらうというのも、自己開示ができていない、リレーションができていない状況で聞いても意味がありません。通り一遍の話しか聞けないでしょう。ですので、自己開示→情報収集という順番が重要となるのです。

リレーションができてから情報収集、そしてそこからようやく説得勧誘につなげることができます。そして適切な情報を入りやすい方法でインプットする、には”溜め”が必要です。口説きたくて仕方なくとも、できるだけ待つことがポイントとなります。繰り返しになりますが、自己開示、情報収集、説得勧誘。この順番でコミュニケーションをし、関係を進めていくことが重要です。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題の記事

  1. business-graphics-1236336

    何を評価対象にするか

    収集すべき情報とは 分不相応な採用をするためには、フォローが重要であり、さらにその…
  2. directions-1055915

    キャリアの基本とトランジション(転機)

    古典的キャリア理論 古典的なキャリア理論の考え方。それは、「早く自分の志向を認識し…
ページ上部へ戻る