現在のビジネスの勝敗を決める要素

business-timing-1315184-639x424

組織人材戦略とは

事業は時代とともに変化します。そのため、事業から人材戦略の一貫性の軸を探すのは好ましくありません。しかし、変化が激しいとはいえ、リソースを選択と集中する時期が必ず存在します。その時に集中した先の事業をドライブにかける為の組織人材戦略とはどのように考えるべきなのでしょう。

その答えは簡単です。それは、みなさんの事業、ビジネスプロセスから考えていく必要があります。

調達→開発→生産→マーチャンダイジング→広告宣伝→販売→アフターサービスという一連の流れ。これを基本形として考えて頂き、ビジネスプロセスにおけるKFS※に合わせてみて下さい。

※KFSとはKey Factor for Succesesの省略形で、先ほど述べたビジネスプロセスのうち、一体何が勝敗を決める要素になりうるか、ということを意味します。

それに従って、その職務に応じて求める人物像やビジネスプロセス、人材フローなどを考えてみましょう。

ビジネスの勝敗を決める要素とは

そこで、ビジネスの勝敗を決めるプロセスとは一体何なのでしょう。それは事業や業界によって、あるいは同じ業界の中でも会社の考え方、戦略のとり方によって変わります。この後、業界別のKFSを確認しますが、その前に日本全体の流れを見ていきましょう。

1960年代は生産の時代

高度経済成長期と呼ばれていた1960年代では、「生産力」が勝敗を決めると言われる時代でした。今でも業界によっては生産力が勝敗を決めているものもあります。例えば、トヨタ生産方式に代表される「カイゼン」は完成形がある程度決まっており、それを安く速く大量に、かつ高いクオリティで生産することが企業の勝敗を分ける時代でした。そのため、プロセスの中でも「生産」に注目し、そこから生産に合う人の人材フローを決定していくといった形になります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題の記事

  1. business-graphics-1236336

    何を評価対象にするか

    収集すべき情報とは 分不相応な採用をするためには、フォローが重要であり、さらにその…
  2. directions-1055915

    キャリアの基本とトランジション(転機)

    古典的キャリア理論 古典的なキャリア理論の考え方。それは、「早く自分の志向を認識し…
ページ上部へ戻る