組織人事戦略において最も大切なこと

boardroom-1241463

組織人事マネジメント立案において、最も重要なことは一貫性を持つこと

上手くいっている、良い流れに乗っている会社の一つの特徴として一貫性が挙げられます。

採用戦略を含んだ、組織人事戦略において
 ・採用
 ・配置
 ・育成
 ・評価
 ・報酬
 ・代謝
といった要素は、組織人事マネージメントの6機能と言うことができる重要なものです。そして、この6機能の方針に一貫性を持たせることが、組織としてのパフォーマンスに繋がっていきます。また、組織には必ず慣性が働きます。「これまでは◯◯だったけど、明日から△△にしよう」と言った場合、それが戦略であったり売るものであったり、といった事業部分であればそれ程の抵抗はありません。しかし、採用や評価、配置、育成などといったものは、組織に深く根付く文化であったり、社員の価値観に影響を与えます。つまり、「明日から△△だ」と言われても、言葉では分かっていても心では分かっていない、という乖離が起こる場合があるのです。

このような乖離により、経営陣が思い描くようなチェンジマネージメントができない、起こらないといったケースが多くあります。

組織にとって、容易に変わらない根幹にフォーカスする

一貫性が重要な一方で、変化を起こしにくい組織人事戦略。これを変えていくためには、「組織にとって容易に変わらないものは何だろうか」という点にフォーカスし、深く考える必要があります。創業メンバー、役員らがじっくりと議論を重ね、「1年後、5年後、あるいは会社規模が10倍になっても変わらないものは何なのだろうか」ということを考え尽くすことが、組織戦略の根幹となるのです。

「自社における根幹はなにか」
特に現代のように変化の激しい時代において、経営戦略にも変化が求められます。勝ちパターンが変化していく中で、それに合わせてチェンジマネージメントを繰り返すような経営をしていては、従業員は右往左往してしまいます。であれば、根幹として捉えるべきは経営戦略ではなく、経営者の考えや価値観といったものが適当になってくるでしょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題の記事

  1. business-graphics-1236336

    何を評価対象にするか

    収集すべき情報とは 分不相応な採用をするためには、フォローが重要であり、さらにその…
  2. directions-1055915

    キャリアの基本とトランジション(転機)

    古典的キャリア理論 古典的なキャリア理論の考え方。それは、「早く自分の志向を認識し…
ページ上部へ戻る