補完関係による有効なチーム編成

team-1520354

FFS理論の相関関係


http://www.human-logic.jp/

前回、FFS理論には凝縮性・受容性・弁別性・拡散性・保全性の5つの因子が存在すると述べてきました。

その中で凝縮性と保全性拡散性と受容性弁別性は弁別性同士でそれぞれ補完関係になっています。凝縮性と保全性では「自分はこうだ」と意思を固めている人に対して、それを受けて守る人が補完します。拡散と受容に関しては、拡散して拾い集めた情報を受容する人が補完します。弁別性に関しては同質同士ではありますが、補完関係になります。

補完関係にはもう一つのパターンがあります。それが凝縮と受容、拡散と保全です。これらはそれぞれクロスしているような補完関係になります。

ここで重要なことは、どのフレームにおいても適当にバラバラに組み合わせることと、補い合うことは全く意味が異なることであるということです。ただし、その中でどのように補完関係を見つけるのかは非常に難しいことです。なぜなら、性格を見極める為のテストが組織で具体的に行われておらず、抽象化した概念や風土で止まっているからです。

有効的なチーム編成をするには

補完関係の組み合わせが悪いことはストレスが高いことを表しています。例えば、上司と部下の関係が補完関係になっていないような状況の場合、上司と部下両方のストレスが高くなります。ストレスの生まれ方は当然職場自体から生まれる場合もありますが、ほとんどの要因は人間関係だと言われています。実際、転職の動機の9割は上司と部下の人間関係です。したがって、ストレス耐性が弱い人というよりは、人材の補完関係を意識して適材適所に配置することが有効的です。興味深い実例として、プログラミング等の専門的なスキルが必要とされるチームだとしても、スキル最適で編成されたチームよりもパーソナリティ最適によって編成されたチームの方が高いパフォーマンスを発揮します。したがって、人間関係が補完する関係にある人同士を組み合わせることが、ストレス耐性とパフォーマンスを高める上で効果的です。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題の記事

  1. business-graphics-1236336

    何を評価対象にするか

    収集すべき情報とは 分不相応な採用をするためには、フォローが重要であり、さらにその…
  2. directions-1055915

    キャリアの基本とトランジション(転機)

    古典的キャリア理論 古典的なキャリア理論の考え方。それは、「早く自分の志向を認識し…
ページ上部へ戻る