選考プロセスの6つの要素

書類通過率と筆記試験

④書類(ES)通過率
エントリーシートに関しては、特別な必要性がない限り重点を置くべきではありません。なぜなら、上位校や優秀層の辞退率が増加するからです。加えて、誰が書いたかわからない文章に対して点数をつけることは困難です。

⑤筆記試験
筆記試験は操作しやすい数値です。そのため、企業によって通過率は10%~50%以上と様々です。また、信頼性のおけるテストであれば正当な結果になります。

多くの会社は能力試験で候補者を落とします。しかし、合否判断は能力だけでなく性格を含めた2軸で判断するのが適切です。したがって、イメージとしては能力が高いか性格があっているか、どちらかが合格ラインを超えていれば通過と捉えましょう。

では、合格ラインはどのように設定すれば良いでしょうか。まず能力と性格の2軸を作って内定者をプロットして下さい。そして、内定者が落ちる数値で合格ラインを設定して下さい。なぜなら、内定者が落ちない数値で合格ラインを設定してしまうと、外れ値を含めた人も通過してしまうからです。これによって採用活動に非効率が発生し、本来採用したい人材を獲得できない可能性があります。したがって、現在の内定者が落ちる数値でも合格ラインを引く必要があるのです。

面接通過率

⑥面接通過率
人が人を判断する上で、絶対的な基準を作ることは困難です。そのため相対評価によって合否を決定しており、一般的に面接の通過率は25%~50%が適切な数値と考えられています。

採用担当者が候補者と面接する際は、相手のことを正しく理解する為に1対1で話をすることが適切です。しかし、候補者1人だけに会って、その人が10人の採用枠に入るかどうか判断を下すことは難しいです。その一方で、グループ面接で4人に会ってそのうち半分を通過させることは比較的容易にできます。したがって、スキルの低い人を面接官として起用するときは、個人面接でなくグループ面接を担当させる方が適しています。

3行まとめ

内定辞退率は、数字ではなく内定を出す方法によって変化します。
途中辞退率を下げるには、選考スピードを速くすることが重要。
現在の内定者が落ちる数値でも、合格ラインを設定する必要がある。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
人事採用・組織化研究所

人事採用・組織化研究所

投稿者プロフィール

【監修】曽和 利光
株式会社人材研究所 代表取締役

■略歴--------------------------------------
1995年
京都大学教育学部教育心理学科卒業後、株式会社リクルート入社、人事部配属人事コンサルタント、人事部採用グループゼネラルマネジャー等を経験
2009年
ライフネット生命保険株式会社、株式会社オープンハウスで人事部門責任者
2011年
株式会社人材研究所(Talented People Laboratory Inc.)設立代表取締役社長に就任、現在に至る

■お問い合わせ---------------------------
組織人事、人材育成、組織開発などに関するご相談は、人材研究所までご一報ください。
株式会社 人材研究所

この著者の最新の記事

関連記事

話題の記事

  1. business-graphics-1236336

    何を評価対象にするか

    自己開示で心を開いてもらう 面接というのはある意味で異常な場です。パっと会ったばかりの…
  2. directions-1055915

    キャリアの基本とトランジション(転機)

    人材フロー戦略における優先順位 様々な人材フローを考えるにあたって、その優先順位づけは…
ページ上部へ戻る