投稿者プロフィール

人事採用・組織化研究所

人事採用・組織化研究所

【監修】
曽和 利光
株式会社人材研究所 代表取締役

■略歴--------------------------------------
1995年
京都大学教育学部教育心理学科卒業後、株式会社リクルート入社、人事部配属人事コンサルタント、人事部採用グループゼネラルマネジャー等を経験
2009年
ライフネット生命保険株式会社、株式会社オープンハウスで人事部門責任者
2011年
株式会社人材研究所(Talented People Laboratory Inc.)設立代表取締役社長に就任、現在に至る

■できること-------------------------------
 ・強い組織をつくるために、人事・採用機能強化のお手伝いをします。
 ・採用のプロが、人材アセスメントや採用プロジェクトマネジメントを代行します。
 ・事業を成長させる人材、組織を強くする人材をご提案いたします。
 ・個を「集団」に、集団をより強い「組織」にするための様々な研修サービスを提供します。

■お問い合わせ---------------------------
組織人事、人材育成、組織開発などに関するご相談は、人材研究所までご一報ください。
 →株式会社 人材研究所

人事採用・組織化研究所一覧

  • atom-1242097

    5つの因子とストレスの関係性

    FFS理論とは http://www.human-logic.jp/ 前回パーソナリティを最適化する上で、FFS理論を用いると述べてきました。 今回はそのFFS理論に関して詳しく述べていきたいと思います…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • team-1520354

    補完関係による有効なチーム編成

    FFS理論の相関関係 http://www.human-logic.jp/ 前回、FFS理論には凝縮性・受容性・弁別性・拡散性・保全性の5つの因子が存在すると述べてきました。 その中で凝縮性と保全性…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Study or office stationary

    仕事を通じた教育を有効的に行うには

    2つの人材育成方法 人事担当者が人材の適材適所を考える上で、 ・パーソナルティ最適 ・アビリティ最適 ・キャリア最適 という3つの方法が存在します。 前回まではパーソナリティ最適に関して言…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • business-growth-3-1236339

    人材育成の理想モデルとは

    成長を促す経験を選定するポイント 人事担当者が、人材育成をしていく上で大切なことがあります。それはその人を成長させる仕事機会を与えることです。では、仕事を選定する際にどのような基準で振りわけることが必要…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • warning-1444247

    面接官が質問をする際に注意すべき点とは

    自己PRなどを聞く時の注意点とは 前回までに、エピソードから潜在能力を測る方法を述べてきました。 そして、その際にいくつか注意点があるので述べていきます。 まず、学生へ質問をする際は、基本的に過…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • moving-forwards-2-1141724

    意欲と4つのモチベーションリソース

    達成意欲と活動意欲 前回、採用担当者が求める人物像を掲げる要素に ① 知的基礎能力 ② 主体性・自律性 ③ ストレス耐性 という3つが存在すると述べてきました。 もうひとつ求める人物を選定…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • city-people-at-sunset-1236668

    生産性の高いチームをつくるには

    何に対して適材適所していくのか http://www.human-logic.jp/ 人事担当者にとって、人材を適材適所に配置することは重要です。 では、適材適所とは何に対して最適化する必要があるのでし…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    採用活動におけるその他の無意識のバイアス

    様々な無意識のバイアス 前回、無意識のバイアスとして返報性と一貫性が存在すると述べてきました。 しかし、その他にも 希少性(チャンス) 第一印象力(ひとめぼれ) 近接性(そばにいる) 統制性(コントロール…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • bystander-effect-shared-responsibility-1310596 (1)

    返報性と一貫性による無意識のバイアス

    返報性による心理バイアス 前回、「意識的に与えた情報は批判的に捉えられるため、口説かない口説きを実践することが重要である」と述べてきました。そして、そうした口説きを実践する上で「無意識」のバイアスが大切…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • vintage-fountain-pen-4-1156810

    有期雇用に対する考え方

    有期雇用とは 雇用関係には正規雇用と有期雇用の2つが存在しています。前回まで、正規雇用に関して述べてきましたので、今回は有期雇用について考えていきたいと思います。 有期雇用は期限がある雇用ですので、例…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

  1. directions-1055915

    キャリアの基本とトランジション(転機)

    古典的キャリア理論 古典的なキャリア理論の考え方。それは、「早く自分の志向を認識し…
  2. business-graphics-1236336

    何を評価対象にするか

    収集すべき情報とは 分不相応な採用をするためには、フォローが重要であり、さらにその…

話題の記事

  1. business-graphics-1236336

    何を評価対象にするか

    収集すべき情報とは 分不相応な採用をするためには、フォローが重要であり、さらにその…
  2. directions-1055915

    キャリアの基本とトランジション(転機)

    古典的キャリア理論 古典的なキャリア理論の考え方。それは、「早く自分の志向を認識し…
ページ上部へ戻る