カテゴリー:キャリア開発

  • glasgow-pendulum-1465243

    どのように求心力と遠心力を高めていくのか

    インフォーマル組織とは 求心力を高める施策として、「企業理念」と「愛社精神」を構築することが重要である。と前回まで述べてきました。その他にも、キャリアを形成する上で大切な求心力が存在します。 そのうち…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • conference room

    文化マネジメントを行う上で注目すべき点とは

    採用活動のポリシー 人事担当者が社員のマネジメントを行う上で、権限委譲をする「文化マネジメント」が特に大切です。しかし、文化とは抽象的な存在ですので直接変更することができません。そこで、間接的に変更するため…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • business-men-silhouette-1237926

    文化によるマネジメントとは

    3つのマネジメント方法 前回までに、キャリアを軸としたマネジメント方法として「新しいキャリア理論」をいくつかご紹介しました。それらは、個人のキャリアに注目した、ミクロな観点によるマネジメント方法でした。今回は個人の総合…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • business-world-4-1165031

    新しいキャリア理論の共通点とは

    「肯定的不確実性」理論とは 前回新しいキャリア理論の1つに「計画された偶然性(Planned Happenstance)」があると述べました。これと似た新しいキャリア理論を提唱した人がいます。それがジェラー…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • business-man-1236606-639x424

    現代のキャリア形成に必要なスキルとは

    キャリアアンカーとは 古典的なキャリアパターンの1つに、エドガー・シャイン(アメリカの心理学者)が発案したキャリアアンカーがあります。キャリアアンカーとは個人のキャリアのあり方を導き、方向づける…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • directions-1055915

    キャリアの基本とトランジション(転機)

    古典的キャリア理論 古典的なキャリア理論の考え方。それは、「早く自分の志向を認識して、早くその方向に走り始める」ということが基本となっています。このことは職人やスポーツ選手、芸術家など、一人前になるのに…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

  1. directions-1055915

    キャリアの基本とトランジション(転機)

    古典的キャリア理論 古典的なキャリア理論の考え方。それは、「早く自分の志向を認識し…
  2. business-graphics-1236336

    何を評価対象にするか

    収集すべき情報とは 分不相応な採用をするためには、フォローが重要であり、さらにその…

話題の記事

  1. business-graphics-1236336

    何を評価対象にするか

    収集すべき情報とは 分不相応な採用をするためには、フォローが重要であり、さらにその…
  2. directions-1055915

    キャリアの基本とトランジション(転機)

    古典的キャリア理論 古典的なキャリア理論の考え方。それは、「早く自分の志向を認識し…
ページ上部へ戻る